ブタがいた教室 映画 - 映画 ランキング You Tube無料情報館

ブタがいた教室 映画

 ブタがいた教室 映画

妻夫木聡が理想の教師役を好演!
子供と子ブタのリアルな演技にも注目





【あらすじ】


4月。新しく6年2組の担任になった新米教師・星先生(妻夫木聡)が、
教室に子ブタを連れて現れた。

彼は食育をテーマに、子ブタを学校で育てて自分たちで食べる、
という実験的な授業を計画。

毎日食べ物をいただけることのありがたさと、
生き物の命の大切さを、身体で子供たちに学ばせようという狙いだ。

仁科教頭(大杉漣)をはじめ、同僚の教師たちは困惑気味だが、
高原校長(原田美枝子)の後押しもあり、
1年を通した「命の授業」が幕を開けた。


6年2組の教室では、初めて子ブタを目にした子供たちが大興奮。
「最終的に食べる」という星先生の言葉はそっちのけで、
彼らは子ブタに「Pちゃん」と命名。

校庭の隅に勝手にPちゃんの小屋を作ってしまった。

転入してきたばかりでクラスに馴染めていない花(甘利はるな)も、
初めて触る子ブタのぬくもりに思わずニッコリ。
子ブタの世話を通して、花は少しずつクラスのみんなと打ち解けるようになる。

毎日のエサやり、フンの始末、小屋の掃除、ブラッシング。
Pちゃんが脱走するたびに各所に謝って回ったり、
洋服にフンの匂いがついてイヤな顔をされたり。
Pちゃんの世話は楽しいことばかりではなかったが、
楽しみながら一生懸命働く6年2組の生徒たち。



PTAの中にはこの授業の必要性を疑問視する声もあったが、
一方では子供の好き嫌いがなくなったと評価する声もあり、
星先生の努力も少しずつだが実を結びはじめていた。


生徒たちとPちゃんをどうするか、真剣に話し合うことにする。
Pちゃんを食べる、食べない。

星先生の問いかけは、クラスを二分した大討論会に発展。

卒業の日は刻一刻と近づいてくる。

生徒たちのそれぞれの家庭でも、
「Pちゃんを食べる・食べない」をめぐって正解のない話し合いが繰り広げられていた。

生徒たちの熱い思いに、星先生が年度初めに立てた「授業計画」も少しずつ揺らぎ始める。


果たして生徒たちは自分たちの思いにどう決着をつけるのか? 


そして星先生がたどりついた「答え」とは…?





キャスト【出演者】


<星先生> 妻夫木聡

<仁科教頭> 大杉漣

<池沢先生> 田畑智子

<小鷲先生> 池田成志

<高原校長> 原田美枝子

<甘利花の母> 戸田菜穂

<松原菜野花の母> 大沢逸美

<太田雄馬の父> 近藤良平

<榎木伸哉の父> ピエール瀧

<音楽教師> 清水ゆみ






ブタがいた教室 (通常版) [DVD]








映画・ドラマランキング


映画をみる


映画ランキングを見る



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー