映画 - 映画 ランキング You Tube無料情報館

ゲド戦記 映画



 ゲド戦記 映画

自らの命と使命に向き合うことになる
青年の苦悩と成長を描いた「ゲド戦記」です。









【あらすじ】


古代から伝わる「真の名」を操ることで相手を支配できる…

そんな魔法の力が強く存在している多島海世界「アースシー」。

その世界の均衡が失われつつあった。


人間界に現れるはずのない竜が共食いを始め、
船を操る風の司は海と風の真の名を思い出すことができない。

人々はまがい物に心を奪われ、
職人は自らの技を忘れて仕事ができなくなってしまう。



偉大な魔法使いの“大賢人ゲド”ことハイタカ(菅原文太)は、
世界の均衡を崩した元凶を探る旅の途中、
狼に襲われそうな青年・アレン(岡田准一)を助ける。

エンラッドという国の王子であるアレンは、
正体不明の恐怖心に駆られて父王(小林薫)を殺め、国から逃げ出したのだった。

2人は美しい港町ホート・タウンへと旅を進めるが、
そこもまた、奴隷の売買が横行する荒れ果てた都市へと変貌を遂げていた。

ふとしたキッカケで自暴自棄になるアレンを救うため、
ハイタカは昔馴染みのテナー(風吹じゅん)のもとへ。

彼女の家には、顔にあざを持つ真っ直ぐな瞳の少女、
テルー(手嶌葵)が住んでいた。


そこで畑仕事や家畜の世話をするうち、
世界の成り立ちを学んでいくアレン。

命を大切にしないアレンに強い嫌悪感を持っていたテルーも、
少しずつ彼の存在を認めるように。


そんな折、世界の均衡を崩しているのが、
かつてハイタカが怒りに任せて酷い目に合わせた
魔法使い・クモ(田中裕子)だと知ったハイタカ。

クモはハイタカへの復讐を遂げるために周到な計画を巡らせていた。

闇に囚われたアレンを自らの城へおびき寄せ、
手下のウサギ(香川照之)を使ってテナーを誘拐するクモ。

ハイタカは彼らを救出に向かうが…!


圧倒的な力でハイタカとアレンに襲いかかるクモ。

彼らはクモの呪縛から逃れ、世界に均衡を取り戻すことができるのか!?




【出演者】
 
<キャスト>声の出演


<アレン> 岡田准一

<テルー> 手嶌葵

<クモ> 田中裕子

<ウサギ> 香川照之

<テナー> 風吹ジュン

<ハジア売り> 内藤剛志

<女主人> 倍賞美津子

<王妃> 夏川結衣

<国王> 小林薫

<ハイタカ(ゲド)> 菅原文太








<主題歌> 「時の歌」
      作詞:新居昭乃 宮崎吾朗 作曲:新居昭乃 保刈久明 編曲:寺嶋民哉
      歌唱:手嶌葵

<挿入歌> 「テルーの唄」
      作詞:宮崎吾朗 作曲:谷山浩子 歌唱:手嶌葵
      (シングル・アルバム「ゲド戦記歌集」/ヤマハミュージックコミュニケーションズ)





ゲド戦記 [DVD]











映画・ドラマランキング


映画をみる


映画ランキングを見る



魔女の宅急便 映画



 魔女の宅急便 映画

魔法のようなやさしさで包んでくれる
爽やかで温かい少女の成長物語







【あらすじ】


キキ(高山みなみ)は、魔女の血を引く13歳の女の子。
おかあさんのコキリ(信沢三恵子)とは違って、
空を飛ぶ魔法しか使えない半人前の魔女だ。

そんなキキが、魔女のしきたりに従って、
知らない街にひとり立ちのための旅に出ることに。

おとうさんのオキノ(三浦浩一)は寂しそうだが、
キキは黒猫のジジ(佐久間レイ)と一緒に住みなれた故郷を飛び立った。

キキがたどり着いたのは大都会・コリコ。

街の人たちに好かれようと張り切るキキだが、
大通りに飛び出して渋滞を巻き起こしたり、
ホテルから締め出されたり。

スタートから思うようにいかないことばかりで途方に暮れているキキの前に、
身重の女主人・おソノ(戸田恵子)が飛び出してくる。

彼女の経営するパン屋さんに、お客さんが忘れ物をして行ってしまったのだ。

おソノの代わりにその忘れ物を届けてあげるキキ。
そのお礼にと、おソノはキキを家に招き入れ、
キキはそのままおソノの家に下宿することに。

パン屋を手伝いながら、
空飛ぶ「お届け屋さん」として働くことにしたキキのもとに、
初めての仕事が。

それは、鳥かごに入った黒猫のぬいぐるみを依頼人の甥に届けるというもの。

張り切って地図を片手に空高く上昇するキキだが、
突風に吹かれてバランスを崩し、
ぬいぐるみを森に落としてしまう。

仕方なくジジを身代わりにしてお届け先に届けたキキは、再び森へ。

黒猫のぬいぐるみを拾ったのは、
森で暮らしている画学生・ウルスラ(高山みなみ)。

壊れてしまったぬいぐるみを気のいいウルスラに直してもらい、
彼女と再び会う約束をして、キキはようやくジジを救い出すのだった。

ある日。キキの魔法に興味津々の少年・トンボ(山口勝平)が
キキをパーティーに誘いに来る。

ところがそんな日に限って、仕事の依頼が続々。

まずは大急ぎでメチャクチャ重たい荷物を届け、
その足で向かったのは上品な老婦人(加藤治子)の家。

キキは時間通りに到着するが、大切な孫娘に届けるはずのパイが、
オーブンの故障で焼けないと老婦人は途方に暮れていた。

彼女を励まそうと、
キキは昔ながらの薪の窯でパイを焼き上げて孫娘の家へ。

その途中、夕立から荷物を守ろうとしてキキのお洋服はビショビショに。

しかも老婦人の孫娘はワガママ放題で、
落ち込んだキキはパーティーを諦めて濡れた服のまま泣き寝入りしてしまう。

高熱を出したキキだったが、おソノの看病のお陰もあって風邪は1日で回復。

元気になった彼女におソノは1つ仕事を依頼する。
メモに書かれた住所を辿って行くと、そこはトンボの家だった! 

人力飛行機を飛ばすのが夢だというトンボは、キキの来訪に大喜び。
飛行機の動力になる予定のプロペラ付き自転車にキキを乗せ、
海岸に停泊している飛行船を見物に行くことに。

風に乗り、空を飛び、久しぶりに心から笑ったキキ。

しかし、老婦人の孫娘がトンボの友人だと知ると、一気に気分がダウン。

トンボの言葉も聞かずに、一人で家まで歩いて帰るのだが…。


心が曇って自己嫌悪に陥り、ますます“イヤな自分”を止められなくなってしまったキキ。

気付くとジジの声が聞こえなくなり、飛ぶ力もとても弱くなってしまっていた。

落ち込んだキキはウルスラの家を訪れ、ずっと抱き続けていた悩みを打ち明ける。

ウルスラに励まされ、また、優しい老婦人とも再会し、

少しずつ自信を取り戻していくキキ。


そんな彼女に大きな転機が訪れる。
飛行船の事故にトンボが巻き込まれたのだ! 


大切な友達を助けるため、

キキは自らの魔法の力を信じてデッキブラシにまたがった…!!




【出演者】
 
キャスト

<キキ/ウルスラ> 高山みなみ

<ジジ> 佐久間レイ

<コキリ> 信沢三恵子

<おソノ> 戸田恵子

<トンボ> 山口勝平

<老婦人> 加藤治子

<バーサ> 関弘子

<オキノ> 三浦浩一






魔女の宅急便 [DVD]











映画・ドラマランキング


映画をみる


映画ランキングを見る



ルパン三世 DEAD OR ALIVE 映画

ルパン三世 DEAD OR ALIVE

「ルパン三世」の生みの親、モンキー・パンチが
満を持して監督に挑んだルパン映画の決定版!







【あらすじ】



環礁に囲まれた奇妙な形の島に、莫大な財宝が眠るというズフ共和国。

お宝を狙うルパン(栗田貫一)と次元(小林清志)、五ェ門(井上真樹夫)は、

生きて帰った者はいないというその島“漂流島”に向かう。


思いのほか簡単に財宝が隠されていそうな扉の前までたどり着いたルパンたち。
しかし次の瞬間、島全体がまるで生きているかのように攻撃を始め、
ルパンは命からがら島から脱出するハメに!


ズフ共和国は、国王と彼の息子のパニシュ王子(古谷徹)が殺害された後、
残忍な首狩り将軍(銀河万丈)の独裁下にあった。

国王は国の財宝を漂流島に隠したというが、
首狩り将軍ですら漂流島の秘密を突き止めることができないまま2年が経過。

将軍の圧政により、国は荒廃し国民たちは飢えに苦しんでいた。



ルパンが現れたという情報を受け、銭形警部(納谷悟朗)はズフ共和国へ。

空港で銭形を出迎えた首狩り将軍の右腕的存在のクライシス(野沢那智)は、
死んだはずのパニシュらしき人物を目撃する。

同じ頃、財宝の情報を聞きつけた不二子(増山江威子)も、
将軍の養女・エメラ(横山智佐)の警護を口実に宮殿に潜り込んでいた。



エメラが漂流島の秘密を握っていると知ったルパンは、彼女を誘拐。

しかし、それはエメラに扮装していた秘密工作員のオーリこと
オーリエンダー(高山みなみ)だった。


オーリの指輪に仕込まれた発信器を追って、ルパンのアジトに総攻撃をかけるクライシス。
激しい戦闘の中で、ルパンはオーリがパニシュの恋人だったことを知る。


一方、仲間さえ殺しかねないクライシスのやり方に反発した銭形は、独自にルパンを追うことに。


果たしてルパンはズフの財宝を手に入れることができるのか? 

首狩り将軍とルパンたちの死闘の行方は? 

オーリとパニシュの運命の恋の結末は? 

生きるか死ぬかの、それぞれのすべてを賭けた戦いが幕を開けた!





【声の出演】


<ルパン三世> 栗田貫一

<石川五ェ門> 井上真樹夫

<次元大介> 小林清志

<銭形警部> 納谷悟朗

<峰不二子> 増山江威子

<首狩り将軍> 銀河万丈

<オーリエンダー> 高山みなみ

<クライシス> 野沢那智

<パニシュ> 古谷徹

<エメラ> 横山智佐

<スパンキー> 千葉繁



映画・ドラマランキング


映画をみる


映画ランキングを見る